ビデオ行動分析ソフトウェア「スタジオコード」

【お知らせ】ビデオ分析ソフトウェア「スタジオコード(Studiocode)」について

2018年8月31日 有限会社フィットネスアポロ社

教育・医療・産業分野のビデオ分析ソフトウェアとして販売を行ってまいりました「スタジオコード(Studiocode)」は、2017年12月31日をもちまして、同じ機能を持つソフトウェア「スポーツコード」に統合されました。 今後、製品情報のご提供やお問い合わせの受付は「スポーツコード(Sportscode)」のサイト(http://sportscode.jp/)にて行ってまいります。ユーザー様へのサポートも、引き続き弊社にてご提供してまいります。またスタジオコードの開発・発売元であるVosaicの製品につきましても、弊社にてお問い合わせを承ります。ご了承のほど、よろしくお願いいたします。 フィットネスアポロ社では、20年間のビデオ分析ソフトウェアの販売経験を元に、今後もあらゆる分野のお客様に最新のビデオ分析・共有のソリューションをご提供してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

○ お問い合わせ
有限会社フィットネスアポロ社 営業部 Hudl Japan(担当:橘)
TEL 03-5793-7011 http://sportscode.jp/

 みなさん、こんにちは。前回はタイムラインにあるすべてのインスタンスの数を表示する方法をご紹介しましたが、今回は「行にあるインスタンスの回数」を表示するスクリプトをご紹介します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-14-14-21 回数を表示するには、表示させたいボタンのインスペクタを開き、アピアランスにある「スタッツを表示」にチェックを入れます。もう覚えましたね?

 「ボタン01」という名称のコードボタンがあるとしましょう。このボタンでコーディングをすれば、タイムラインには「ボタン01」という名前の行ができます。その行にあるインスタンスの回数を表示したい場合は、
  show count instances where row =“ボタン01”
と入力します。

  %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%97%e3%83%88%e5%9b%9e%e6%95%b0 

 あとはコーディングをするか、コーディング済みのタイムラインとリンクすれば「ボタン01」の回数が表示されます。他の行の回数を表示したい場合は、”ボタン01”のところを表示したいボタン名に書き換えればOKです。とても簡単にできますので、ぜひお使いください。

スタジオコード営業グループ 水野英治