ビデオ行動分析ソフトウェア「スタジオコード」

 みなさん、こんにちは。今回は、「インスタンスの回数」を表示するスクリプトをご紹介します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-22-14-14-21
 スクリプトを表示させるには、表示させたいボタンの
インスペクタを開き、アピアランスにある「スタッツを表示」にチェックを入れます。そして、スクリプトの入力は、右側にあるスクリプトのタブを開き、そこに入力していきます。


  %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-18-34-53


 show count instances と入力すると、%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%9b%9e%e6%95%b0
タイムライン内にある全てのインスタンスの数
を表示することができます。
 ここでは「ボタン01」が3つあり、「ボタン02」が4つありますから、回数は7と表示されています。

 このスクリプトは、インスタンスの回数を表示する基本となりますので、ぜひ覚えてくださいね。

スタジオコード営業グループ 水野英治