ビデオ行動分析ソフトウェア「スタジオコード」

【お知らせ】ビデオ分析ソフトウェア「スタジオコード(Studiocode)」について

2018年8月31日 有限会社フィットネスアポロ社

教育・医療・産業分野のビデオ分析ソフトウェアとして販売を行ってまいりました「スタジオコード(Studiocode)」は、2017年12月31日をもちまして、同じ機能を持つソフトウェア「スポーツコード」に統合されました。 今後、製品情報のご提供やお問い合わせの受付は「スポーツコード(Sportscode)」のサイト(http://sportscode.jp/)にて行ってまいります。ユーザー様へのサポートも、引き続き弊社にてご提供してまいります。またスタジオコードの開発・発売元であるVosaicの製品につきましても、弊社にてお問い合わせを承ります。ご了承のほど、よろしくお願いいたします。 フィットネスアポロ社では、20年間のビデオ分析ソフトウェアの販売経験を元に、今後もあらゆる分野のお客様に最新のビデオ分析・共有のソリューションをご提供してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

○ お問い合わせ
有限会社フィットネスアポロ社 営業部 Hudl Japan(担当:橘)
TEL 03-5793-7011 http://sportscode.jp/

 みなさん。こんにちは。

 マトリックスの組み合わせ検索は、代表的な機能の一つですが、ご紹介したい機能はまだまだあります。

 今回は、その中から「ダイナミックコードマトリックス」をご紹介します。

ダイナミックコードマトリックス1
 マトリックスの下にマーカー(三角)がありますが、気になった方もいらっしゃるはず。このマーカーをドラッグすると時間を指定することが可能になります。後ろ側のマーカーをドラッグすれば、終点を決められ、前側のマーカーをドラッグすれば、始点を決められるのです。

ダイナミックコードマトリックス2 ですので、「開始から5分まで」「10分から20分まで」「終わりまでの10分」と言ったように指定した範囲のデータを見ることができます。マトリックスは、タイムラインの全体データを表示しますが、このような使い方をすれば、もっと細かくデータが見られますね。


 ぜひお試しください。