ビデオ行動分析ソフトウェア「スタジオコード」

2017年12月7日、スタジオコードの開発・発売元であるVosaic(会社名 Studiocode LLC)は、2017年12月31日をもって、スタジオコードの開発、および新規のライセンスの販売を終了することを正式に発表いたしました。これは、クラウド型の新しいプロダクト「Vosaic Connect」に経営資源を集中するための判断です。

今後の販売やアップデートに関するスケジュールは以下の通りであり、日本国内のユーザー、ライセンスに対しても、同じ条件が適用されます。ユーザーの皆様には急なお知らせとなってしまい、誠に恐縮ですが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。

Vosaicからのリリース
Sunsetting of Studiocode and iCoda

【新規のライセンスの販売】
1. 2017年12月31日をもって、新規のライセンスの販売を終了いたします。

【年間ライセンスをお持ちのユーザー】
2. 2019年1月1日まで、有効期限の更新のお申し込みをお受けします。最終の有効期限は2019年12月31日となります。
3. V11がリリースされた際、無償でアップデートを行うことができます。

【永続ライセンスをお持ちのユーザー】
4. 年間ライセンスへの切り替えのお申し込みは、新規ライセンスの発行と同じく、2017年12月31日が期限です。
5. 永続のままの場合は、2018年6月30日がテクニカルサポートの期限となります。また以前にご案内の通り、V10のアップデートやバグの修正、macOS10.13(High Sierra)への対応は行われません。

現在、永続ライセンスの年間ライセンスへの切り替えをお考えのユーザーのかた、2018年1月1日以降に新規にスタジオコードのご購入を考えておられるかたは、お早めに弊社フィットネスアポロ社の営業担当までご連絡ください。

また日本国内代理店の弊社では、Vosaicが昨年リリースし、現在さらなる開発と向上に力を入れている”Vosaic Connect“を、今後、日本でも取り扱うべく準備を進めております。非常に魅力的なプロダクトですので、ぜひご期待ください。

皆様にはたいへんご迷惑をおかけし、重ねてお詫びを申しあげます。どうぞよろしくお願い申しあげます。