ビデオ行動分析ソフトウェア「スタジオコード」

【お知らせ】ビデオ分析ソフトウェア「スタジオコード(Studiocode)」について

2018年8月31日 有限会社フィットネスアポロ社

教育・医療・産業分野のビデオ分析ソフトウェアとして販売を行ってまいりました「スタジオコード(Studiocode)」は、2017年12月31日をもちまして、同じ機能を持つソフトウェア「スポーツコード」に統合されました。 今後、製品情報のご提供やお問い合わせの受付は「スポーツコード(Sportscode)」のサイト(http://sportscode.jp/)にて行ってまいります。ユーザー様へのサポートも、引き続き弊社にてご提供してまいります。またスタジオコードの開発・発売元であるVosaicの製品につきましても、弊社にてお問い合わせを承ります。ご了承のほど、よろしくお願いいたします。 フィットネスアポロ社では、20年間のビデオ分析ソフトウェアの販売経験を元に、今後もあらゆる分野のお客様に最新のビデオ分析・共有のソリューションをご提供してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

○ お問い合わせ
有限会社フィットネスアポロ社 営業部 Hudl Japan(担当:橘)
TEL 03-5793-7011 http://sportscode.jp/

 

スタジオコード営業チームの橘です。新学期が始まり、春休み中は少なかった学校への営業訪問が増える時期になりました。

 

桜

 

もちろん大学は私の大事な訪問先なのですが、この日は小学校を訪問する機会がありました。教師教育や体育科教育のためのスタジオコードやiCODAの活用は珍しくなくなってきましたが、小学校の現場でも役立てられると感じていただけたのは、嬉しいことです。

 

私の個人的には、小中学校の教材販売店の息子として父親の配達についてまわった思い出があるだけに、初等教育に貢献できることは、エリートスポーツに貢献できることとまったく同じ価値があります。

 

さて、こうした場合に非常に有効なのが、iCODAだと思います。特にV2になってからは、リアルタイムで統計(合計経過時間、合計数)が表示できるようになりましたので、こんなふうにフォーム(コードウィンドウ)をデザインすることだってできます。

iCODA

(参考文献:「体育授業を観察評価する – 授業評価のためのオーセンティック・アセスメント – 」高橋健夫編著・明和出版)

 

集計したデータはCSVで出力すればNumbersやExcelで統計処理できますので、ビデオとのリンクを必要としなければ、スタジオコードを持つ必要がありません。

 

授業分析の活用を大きく広げてくれる、低コストのソリューションとしてお勧めいたします。

 

(スタジオコード営業チーム 橘)