ビデオ行動分析ソフトウェア「スタジオコード」

 

 [2013.8.30更新] 日本語字幕版がアップされましたので、そちらに変更しました。
(このページは、比較的に検索からのアクセスも多く、関心の高さを感じております。)

 

米国マイクロソフト社会長のビル・ゲイツ氏が、TED講演会において「教師がビデオを使って現実感のあるフィードバックを得ることの必要性」について講演をされています。

 

Bill Gates: Teachers need real feedback
『ビル・ゲイツ: 教師へのフィードバックでもたらせる変化』

Filmed May 2013 • Posted May 2013 • TED Talks Education

※日本語字幕版がアップされました。字幕設定の[Japanese]を確認してご覧ください。(2013.8.16)
※注)iPhone,iPadでは画面内字幕、字幕設定が表示されません。各専用アプリでご覧ください。
※現在、日本語注釈は用意されていません。原文でご覧ください。
※内容には「スタジオコード」など特定の機材名は出て来ませんが、ビデオを使ってのフィードバックを
 取り入れることの有効性、必要性が語られています。さらに、後半で「フィードバックだけではなく、
 模範の共有」の重要性も訴えています。
 まさに「スタジオコード」は、このフィードバックをすばやく、効果的に行うためのツールであり、
 そこに映し出される個々のシーンを編集、分析、共有するためのツールです。
 

■ 英語文

Everyone needs a coach. It doesn’t matter whether you’re a basketball player, a tennis player, a gymnast or a bridge player. (Laughter)

My bridge coach, Sharon Osberg, says there are more pictures of the back of her head than anyone else’s in the world. (Laughter) Sorry, Sharon. Here you go.

We all need people who will give us feedback. That’s how we improve. Unfortunately, there’s one group of people who get almost no systematic feedback to help them do their jobs better, and these people have one of the most important jobs in the world. I’m talking about teachers. When Melinda and I learned how little useful feedback most teachers get, we were blown away. Until recently, over 98 percent of teachers just got one word of feedback: Satisfactory. If all my bridge coach ever told me was that I was “satisfactory,” I would have no hope of ever getting better. How would I know who was the best? How would I know what I was doing differently? Today, districts are revamping the way they evaluate teachers, but we still give them almost no feedback that actually helps them improve their practice. Our teachers deserve better. The system we have today isn’t fair to them. It’s not fair to students, and it’s putting America’s global leadership at risk. So today I want to talk about how we can help all teachers get the tools for improvement they want and deserve.

Let’s start by asking who’s doing well. Well, unfortunately there’s no international ranking tables for teacher feedback systems. So I looked at the countries whose students perform well academically, and looked at what they’re doing to help their teachers improve. Consider the rankings for reading proficiency. The U.S. isn’t number one. We’re not even in the top 10. We’re tied for 15th with Iceland and Poland. Now, out of all the places that do better than the U.S. in reading, how many of them have a formal system for helping teachers improve? Eleven out of 14. The U.S. is tied for 15th in reading, but we’re 23rd in science and 31st in math. So there’s really only one area where we’re near the top, and that’s in failing to give our teachers the help they need to develop their skills.

Let’s look at the best academic performer: the province of Shanghai, China. Now, they rank number one across the board, in reading, math and science, and one of the keys to Shanghai’s incredible success is the way they help teachers keep improving. They made sure that younger teachers get a chance to watch master teachers at work. They have weekly study groups, where teachers get together and talk about what’s working. They even require each teacher to observe and give feedback to their colleagues.

You might ask, why is a system like this so important? It’s because there’s so much variation in the teaching profession. Some teachers are far more effective than others. In fact, there are teachers throughout the country who are helping their students make extraordinary gains. If today’s average teacher could become as good as those teachers, our students would be blowing away the rest of the world. So we need a system that helps all our teachers be as good as the best.

What would that system look like? Well, to find out, our foundation has been working with 3,000 teachers in districts across the country on a project called Measures of Effective Teaching. We had observers watch videos of teachers in the classroom and rate how they did on a range of practices. For example, did they ask their students challenging questions? Did they find multiple ways to explain an idea? We also had students fill out surveys with questions like, “Does your teacher know when the class understands a lesson?” “Do you learn to correct your mistakes?”

And what we found is very exciting. First, the teachers who did well on these observations had far better student outcomes. So it tells us we’re asking the right questions. And second, teachers in the program told us that these videos and these surveys from the students were very helpful diagnostic tools, because they pointed to specific places where they can improve. I want to show you what this video component of MET looks like in action.

(Music)

(Video) Sarah Brown Wessling: Good morning everybody. Let’s talk about what’s going on today. To get started, we’re doing a peer review day, okay? A peer review day, and our goal by the end of class is for you to be able to determine whether or not you have moves to prove in your essays.

My name is Sarah Brown Wessling. I am a high school English teacher at Johnston High School in Johnston, Iowa.

Turn to somebody next to you. Tell them what you think I mean when I talk about moves to prove. I’ve talk about —

I think that there is a difference for teachers between the abstract of how we see our practice and then the concrete reality of it.

Okay, so I would like you to please bring up your papers.

I think what video offers for us is a certain degree of reality. You can’t really dispute what you see on the video, and there is a lot to be learned from that, and there are a lot of ways that we can grow as a profession when we actually get to see this. I just have a flip camera and a little tripod and invested in this tiny little wide-angle lens. At the beginning of class, I just perch it in the back of the classroom. It’s not a perfect shot. It doesn’t catch every little thing that’s going on. But I can hear the sound. I can see a lot. And I’m able to learn a lot from it. So it really has been a simple but powerful tool in my own reflection.

All right, let’s take a look at the long one first, okay?

Once I’m finished taping, then I put it in my computer, and then I’ll scan it and take a peek at it. If I don’t write things down, I don’t remember them.

So having the notes is a part of my thinking process, and I discover what I’m seeing as I’m writing. I really have used it for my own personal growth and my own personal reflection on teaching strategy and methodology and classroom management, and just all of those different facets of the classroom.

I’m glad that we’ve actually done the process before so we can kind of compare what works, what doesn’t.

I think that video exposes so much of what’s intrinsic to us as teachers in ways that help us learn and help us understand, and then help our broader communities understand what this complex work is really all about. I think it is a way to exemplify and illustrate things that we cannot convey in a lesson plan, things you cannot convey in a standard, things that you cannot even sometimes convey in a book of pedagogy.

Alrighty, everybody, have a great weekend. I’ll see you later.

[Every classroom could look like that]

(Applause)

Bill Gates: One day, we’d like every classroom in America to look something like that. But we still have more work to do. Diagnosing areas where a teacher needs to improve is only half the battle. We also have to give them the tools they need to act on the diagnosis. If you learn that you need to improve the way you teach fractions, you should be able to watch a video of the best person in the world teaching fractions.

So building this complete teacher feedback and improvement system won’t be easy. For example, I know some teachers aren’t immediately comfortable with the idea of a camera in the classroom. That’s understandable, but our experience with MET suggests that if teachers manage the process, if they collect video in their own classrooms, and they pick the lessons they want to submit, a lot of them will be eager to participate.

Building this system will also require a considerable investment. Our foundation estimates that it could cost up to five billion dollars. Now that’s a big number, but to put it in perspective, it’s less than two percent of what we spend every year on teacher salaries.

The impact for teachers would be phenomenal. We would finally have a way to give them feedback, as well as the means to act on it.

But this system would have an even more important benefit for our country. It would put us on a path to making sure all our students get a great education, find a career that’s fulfilling and rewarding, and have a chance to live out their dreams. This wouldn’t just make us a more successful country. It would also make us a more fair and just one, too.

I’m excited about the opportunity to give all our teachers the support they want and deserve. I hope you are too.

Thank you.

 

 

■ 日本訳文(字幕より)2013.8.30更新

みんなコーチを 必要としています。

バスケット選手も そうですし テニス選手も 体操選手も ブリッジプレーヤーもそうです (笑)
私のブリッジのコーチの シャロン・オズバーグは 自分は世界の 誰よりも 後頭部の写真が多いと ボヤいています (笑)
ごめんね シャロン たまには顔も出してあげましょう。

フィードバックを与えてくれる人は 誰にでも必要です。
そうやって 上達していくんです。
あいにく、とある職業の人たちには、上達のための系統的なフィードバックが、ほとんど与えられていません。
その人達は、世界で最も重要な仕事をしているというのに・・・
教師のことです。

メリンダと私は、教師へのフィードバックが いかに少ないかを知って、とても驚きました。
ごく最近まで 98%の教師が受け取るフィードバックは、たった一言でしか ありませんでした。
「十分」です。

もし私のブリッジの コーチが 「十分」だったとしか言ってくれないなら、上達できるとは、とても思えません。

一番うまくやったのは 誰だったのか、その人と自分の違いは何か知る由もないのです。
現在、多くの学区で教師の評価法の改革が進められていますが、教師が実際に上達できるようなフィードバックは、ほとんど与えられていません。
教師はもっと大切にされてしかるべきです。

現在の仕組みは、教師にとっても、生徒にとっても、不当なものです。
これでは世界のリーダーとしてのアメリカの地位も危うくなります。
そこで今日は、すべての教師が望み、与えられるべき、 上達のための道具をどうすれば整えられるかお話しします。

うまくやっているのはどこか問うところから始めましょう。
あいにく教師へのフィードバックの仕組みに関する世界ランクというのはありません。
だから生徒の学業成績が良い国を調べました。その国では教師の上達のために何をしているのか知りたかったからです。

読解力のランキングを見てみましょう。アメリカは1位ではありません。
トップ10にすら入っていません。アイスランドやポーランドと並んで15位です。読解力においてアメリカより、上位の国で教師の上達を助ける正式な制度を持っているところはいくつあるでしょう?
14カ国中 11カ国です。

アメリカは読解力では、15位ですが科学では23位、数学では31位です。アメリカが上位に入る項目は、たった1つ。教師がスキルを上げるために 必要とする助けを与え損ねている点です。

学業で最高の成績を上げている中国の上海を見てみましょう。
読解力、数学、科学で1位につけています。上海の見事な成功の鍵は、教師の継続的な上達を助ける仕組みにあります。新米教師が優れた教師の教え方を見て学べるようにしています毎週教師の勉強会があって、より良い教え方について、話し合っています。さらに同僚の授業を見て、フィードバックを与えるよう求められています。

そのような仕組みが なぜ重要なのかというと、教師の質には、とても大きな幅があるからです。一部の教師は、他の教師より、はるかに効果的に教えています。生徒を素晴らしく伸ばしている先生が全国にいます。平均的な教師がその先生達くらいに、うまくやれたなら、アメリカの生徒達は、他の国の生徒達を圧倒することでしょう。
すべての先生が 最高の先生並になれるよう助ける仕組みが必要なんです。

その仕組みは、どんなものなのか?それを見出すためにゲイツ財団では、全国の3千人の先生に協力してもらい「効果的教育の評価」(MET)というプロジェクトを進めています。

先生が教室で教える様子をビデオで観察して様々な面で評価します。
たとえば「考えさせる質問をしているか?」とか 「1つの概念を複数のやり方で説明しているか?」とか、生徒にもアンケートを取っています。「先生は生徒が理解しているか分かっているか?」 「先生は生徒が理解しているか 分かっているか?」 「自分の間違いを正せるようになったか?」 結果は素晴らしいものでした。

第1に この観察で 成績の良い先生のクラスでは、生徒も素晴らしい結果を出しています。
つまり私達は正しい質問をしているということです。
第2に プログラムに 参加した先生達は、このビデオやアンケートが素晴らしい診断ツールだと言っています。改善点をはっきり示してくれるからです。実際のビデオが、どのようなものか、ご覧いただきましょう 。

(音楽) みんな おはよう 今日やることを話しましょう。
ピア・レビューの日でしたね? お互いに評価しましょう。
今日の目標は— 自分の小論文に論理展開があるか 見極められるようになることです。

私はサラ・ウェスリング アイオワ州ジョンストンにある、ジョンストン高校の国語教師です。
隣の人と向かい合って「論理展開」とは何か、考えを伝えてください。
自分たちの教え方について教師が持つイメージと現実との間には ギャップがあると思います。

では、みんなレポートを出してください。

ビデオが見せてくれるのは、ある現実です。そこに映し出されていることは、認めざるを得ませんし、そこから学ぶことも沢山あります。これを目の当たりにすることで教師として成長する方法が、いろいろ見つかるんです。
小型ビデオカメラと 三脚と ちっちゃな広角レンズを揃えました。授業前にこれを教室の後ろに据えておきます。そんなに綺麗には撮れないしカメラに映らない部分もありますが、音は聞き取れるし、沢山のことを見られ、そこから多くのことを学べます。だからこれはシンプルだけど強力な反省のためのツールなんです。

じゃあまず長い方を見てください。

録画したらパソコンに取り込んで見てみます。書き留めないと 頭に残りません。メモするのは思考プロセスの一部なんです。メモしながら映像から、いろいろ発見していくんです。私はこれを自己の成長のため、また教育戦略や方法論、教室の運営など、授業のあらゆる側面を見直すために使っています。このプロセスは、前にやってるからうまくいく事いかない事が区別できますね。ビデオがあらわにするのは、私達教師にとって本質的なことで、学び理解する助けになります。さらに周りのコミュニティに、この難しい仕事の本質が何か、理解してもらうのにも役立ちます。これが例示し、描き出してくれることは、授業計画や指導要領や学術書でさえも伝えられないことなんです。

じゃあ、みんな良い週末を、また来週。

 [すべての教室をこうできます] (拍手)

いつの日か アメリカの すべての教室が、このようになればと思います。
でも、それだけでは足りません。

教師の改善すべき点を診断するだけでは、まだ半分です。

その診断に応じて教師が行動するためのツールが必要です。
分数の教え方に改善が必要と分かったら、世界最高の教師は分数をどう教えているのか、ビデオで見られるようにすべきです。教師へのフィードバックと改善の仕組みを作り上げるのは、大変なことです。たとえば、授業の様子を録画することに拒否反応を示す先生もいます。気持ちは分かりますが、このプロジェクトの経験から言えるのは、先生自身がこのプロセスの運営を主導して、ビデオを自分で撮り、提出するビデオを自分で選べるなら、先生の多くは熱心に参加するということです。

この仕組みを作るためには、大きな投資も必要です。ゲイツ財団では、50億ドルくらいかかると見込んでいます。大きな額ですが見方を変えれば、この額は、先生の給与として毎年支出されている額の2%未満なのです。先生に対して絶大な効果が出ます。先生にフィードバックと、それに応じる手段をついに与えることができるのです。

でも、この仕組みは、 私達の国に、さらに大きな恩恵をもたらします。生徒全員が素晴らしい教育を受け、やりがいのある仕事につき、夢を実現できる道が開かれるということです。国を繁栄させるだけではなく、公平で公正にもするのです。

すべての先生に彼らが望み受けるにふさわしい支援を与えられるこの機会にワクワクしています。皆さんも同じ気持ちであることを望みます。

ありがとうございました (拍手)