ビデオ行動分析ソフトウェア「スタジオコード」

【お知らせ】ビデオ分析ソフトウェア「スタジオコード(Studiocode)」について

2018年8月31日 有限会社フィットネスアポロ社

教育・医療・産業分野のビデオ分析ソフトウェアとして販売を行ってまいりました「スタジオコード(Studiocode)」は、2017年12月31日をもちまして、同じ機能を持つソフトウェア「スポーツコード」に統合されました。 今後、製品情報のご提供やお問い合わせの受付は「スポーツコード(Sportscode)」のサイト(http://sportscode.jp/)にて行ってまいります。ユーザー様へのサポートも、引き続き弊社にてご提供してまいります。またスタジオコードの開発・発売元であるVosaicの製品につきましても、弊社にてお問い合わせを承ります。ご了承のほど、よろしくお願いいたします。 フィットネスアポロ社では、20年間のビデオ分析ソフトウェアの販売経験を元に、今後もあらゆる分野のお客様に最新のビデオ分析・共有のソリューションをご提供してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

○ お問い合わせ
有限会社フィットネスアポロ社 営業部 Hudl Japan(担当:橘)
TEL 03-5793-7011 http://sportscode.jp/

 

 

今回は、スタジオコードのTwitter(@Studiocode)に紹介されている、カナダ、トロントの病院での取り組みの記事を引用しご紹介します。

記事では、手術室でのスキルやチームワーク向上のために開発されたビデオシステムのもう一方の側面を、航空機事故などで使われるブラックボックスを例に書かれています。
医療現場だけでなく、教育や産業などにおいても、ビデオ導入時に意識しておかなければならない問題点を提起しています。

Operating room ‘black box’ invented by Toronto surgeon
トロントの外科医が開発する、手術室向け「ブラックボックス」ソフトウェア

 

パイロットの操縦記録システムからヒント得て開発された、手術室での活動を記録するシステムを取り入れることによって、外科チームは、より良い手術を行うための助けを得るはずです。

tront_case

<thestar.com>

手術におけいて理想的な行動からの逸脱を見つけるために、teodor Grantcharov氏(聖マイケルの病院の外科医)は、彼の手術室で彼が開発した「ブラックボックス」システムをテストしています。
(※写真の背景にスタジオコードが利用されているのが見れます)

>>続きはこちらから